兄弟喧嘩で自分だけが怒られたと思われない方法

兄弟喧嘩だと、一人が悪くても両方怒られ、一人が何で怒られるのだ?と不安に思う子供は多いと思います。そこで、両方が平等に怒られ、学ぶ方法を紹介します。

まず、兄弟喧嘩を止める時に、言い訳などを聞かずにまず静かにさせる事が大事です。上から怒鳴ってもどちらかが言い訳をしたり、両方が同時に怒られ、やられた子供は怒られる理由が理解できず、その子もやられた事と同じ事を他の兄弟や友達にする様になってしまいます。
セノッピーの効果と私の口コミ!取り扱いのある市販の店舗はどこ?

なので、まず静かにさせ、泣いていたらしっかりと泣き止む様にしつけます。その後、一人ずつなぜ喧嘩が起きたのかを聞いて見てください。ゆっくり、途中で絶対に口を挟まずに聞きましょう。二人の話を聞き終えたところで、悪かった方に何がいけなかったのかをしっかり説明し、もう一人に謝らせ、その後同じ事が起きない様に両方に注意します。

そうするとやった方は反省し、やられた方は怒られず、また意地悪はしてはいけないと学びます。もし明らかに両方悪ければ二人同時に叱っても良いし、明らかに一人が悪いのが目に見えてわかっているのならその場で悪い方を叱っても大丈夫です。

子供の喧嘩で注意しなければならないのは、まずやめさせる事が一番ですが、その次に誰が悪くて喧嘩が怒ったのかを大人が理解する事です。