ダイエットを決意した理由

私は幼い頃から太っていました。

周りの友達は私よりも背が低く、私よりも細いのは当たり前だと思っていたので、自分が太っているという自覚がまったくありませんでした。ラクビ

小学生の時に数人で友達の家でお菓子を持ち寄り遊んでいました。

一人2枚と決められたクッキーのようなものがあり、私は最初に1枚目を食べ、暫くしてから2枚目を食べました。

するとAちゃんが「あと少ししかないから皆、食べちゃおう」と言い、食べていない人に配りましたが何故か1枚足りませんでした。

そこで真っ先に疑われたのが私です。

Aちゃんは私に「今食べたのって本当に2枚目?」と聞いてきて、私が「そうだよ」と言っても信じてもらえず、私がその後の返答に困り黙ってしまうと他の友達も一切フォローせず、「りおんちゃん(私)が食べたんじゃないの?(他人のものまで食べるから)だから太っているんだよ」と言われました。

友達にはっきりと太っていると言われたこともショックでしたが、自分がそこまで太っていると思っていなかった私はこのとき初めて自分が周りよりも太っているのだと自覚し、その悔しさをバネにダイエットを決意しました。

中学生、高校生になりオシャレにも興味が出てきてファッション雑誌を読むようになり、そこに載っていたダイエット企画を試したり、クラスの痩せていて可愛い子を観察して行動を真似しました。

その時流行っていた朝バナナ、炭水化物抜きなども行いましたが、元々食べる事が好きなので食事制限は辛く、続きませんでした。

色々試した中でも一番痩せたのは高校1年生の時に飼い始めた犬との散歩です。

初めての犬に喜んだ私は夏休みなどの長期休暇には毎日1時間散歩へ行っていました。

運動嫌いな私でも犬の散歩のように絶対に行かなければいけない理由があれば動けるのだと思いました。

その結果、今ではMAX体重から-7kgで、小学の同級生に会うと大体「雰囲気変わったよね」、「痩せた?」と言われます。